29

ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト

「朝ごはんで絶好調!
これが私の腸活メニュー」

自慢のレシピでご応募ください!

レシピ選考会では規定競技(リンゴの皮むき・キャベツの千切り・アジの三枚おろし)と、オリジナルレシピの調理の2種目の総合点により各賞が決定されます。

エントリー締切
2024710日(水)当日消印有効

レシピ選考会 2024年7月31日(水)

ニュースリリースはこちらから

募集要項 申し込む
第28回 優秀者発表

優勝
タイトル
店部柚子(たなべゆず)さん
小学6年生
『体内時計を整えよう!わたし流、成長期の朝ごはん』
準優勝
タイトル
藤生 幸来(ふじおここ)さん
小学5年生
『夏の朝から元気で涼しい朝ごはん』
渡邉 真桜(わたなべ まお)さん
小学4年生
『朝からサクッと!家族でしあわせ朝ごはん』

その他各賞、当日の様子などは PDF にてご確認ください。

コンテストについて
 子どもたちの「食を通じた心身両面の健康づくり」を目的に、「子どもの料理コンテスト」しては最も古く、1995年にスタートしましたこのコンテストは2024年には29回を迎えることになります。
 子どもの健やかな健康には家庭・地域での食事が不可欠であることを提唱する本コンテストは、回を重ねるごとに「食育の大切さ」に訴求してまいりました。
 「食育」には3つの柱があります。1つ目の柱は、どんなものを食べたら安全か、安心か、健康になれるかを自分自身で勉強し、選んでいく「食選力」を身につけること。2つ目の柱は、食文化の継承。3つ目の柱は食糧問題です。これらは、食事の場面から躾として、また体験により感性を育み得ていく、「小学生」までに体得していくことが望ましいと考え、本コンテストは「小学生の料理コンテスト」として歴史を重ねています。
 また、食育は子どもの成長のためだけでなく、学校、企業、社会が積極的に参画し、正しい食の在り方を守り、後世に伝えていく大きな文化活動となっています。今後「食育」は「Shoku-iku」としてさらに世界に広がる活動と確信しております。より多くの方々にこのコンテストを通じ「食育」の意義を知っていただき、多くの賛同者を迎え、「食育」から「Shoku-iku」へとより一層の普及を図ってまいります。
審査員紹介
服部 幸應
服部 幸應(はっとり ゆきお)氏
(学)服部学園・服部栄養専門学校 理事長・校長/医学博士
食育をテーマにした講演活動等に取り組み、農林水産省「食育推進会議」委員・「食育推進評価専門委員会」座長、厚生労働省、農林水産省、文部科学省、東京都等の委員を務めるほか、公益社団法人 全国調理師養成施設協会会長など広く活躍。
フランス大統領よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ章を受章。旭日小綬章受章。
服部 津貴子
服部 津貴子(はっとり つきこ)氏
服部栄養料理研究会 会長
フランス・スイス留学後、IOOC国際オリーブオイル協会アドバイザー、農林水産省林野庁日本特用林産振興会委員、MOMO東京パイロットクラブ会長等を務める。食育をテーマにした講演活動等に取り組み、活躍している。
主催・後援
主催
●学校法人 服部学園 服部栄養専門学校
後援
■内閣府・文部科学省・農林水産省・厚生労働省
■公益社団法人 全国調理師養成施設協会
■公益社団法人 日本栄養士会
■東日本料理学校協会
■全国漁業協同組合連合会
■「早寝早起き朝ごはん」全国協議会
■一般社団法人 全国料理学校協会
■NPO日本食育インストラクター協会
■服部栄養料理研究会

■NPO法人雪氷環境プロジェクト
■一般社団法人日本生ハム協会


SDGsとは、2015年9月の国際サミットで採択された持続可能な17の目標の略称です。 第25回からはSDGsの基本方針に賛同して運営します。

ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト事務局